お問い合わせはこちらまで

初診予約専用

050-7302-5687

再診・その他

03-5315-1171

メール予約

24時間WEB予約

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

採用情報
スタッフブログ
永研会
WEB診療予約

歯周病と虫歯の違いって何ですか?

歯科医院では様々な口腔内の治療を行いますが、その中でも治療する機会が多いのが歯周病と虫歯です。
それくらい、歯周病と虫歯は私達にとって身近な病気になっているのです。
そしてそれだけ身近な病気になっている以上、私達は歯周病と虫歯にもっと注意しなければなりません。

そこで、今回は歯周病と虫歯をテーマにした上で、それぞれの違いについて説明していきます。
そもそも歯周病と虫歯はどう違うのか?
これらの病気を知るためにまずそれぞれの違いを知っておきましょう。

歯周病は歯肉の病気

実は病気というのは、病名の漢字に注目することで何の病気か分かるようになっています。
歯周病は歯の周囲の病気と書くので、すなわち歯肉の病気ということです。
歯に付着するプラークや歯石には億単位の数の細菌が存在しており、歯周病菌もその中に含まれています。

この歯周病菌に感染してしまうことで歯周病になるのです。
歯周病になると歯肉が炎症を起こし、歯肉の腫れや変色といった症状を引き起こします。
また、近年では歯周病は生活習慣病であるとも言われており、疲労や喫煙が要因で起こることもあります。

虫歯は歯の病気

虫歯は文字どおり歯の病気で、歯周病同様にプラークや歯石に潜む細菌によって引き起こされます。
虫歯を引き起こす細菌はミュータンス菌で、これは虫歯菌とも呼ばれています。
そして虫歯菌は酸を出す特性を持っており、この酸で歯が溶かされることで虫歯になってしまいます。

また、虫歯菌は糖類を吸収することでより多くの酸を出します。
「甘いものを食べると虫歯になりやすい」というのは、実はこの虫歯菌の特徴が根拠になっているのです。
一度虫歯になると虫歯菌はどんどん歯の奥に進んでいき、やがて私達に痛みをもたらすのです。

歯周病の症状と進行

初期段階の歯周病は歯肉の変色や腫れが起こるだけで、痛みなどの自覚症状は一切ありません。
ただし、歯肉の変色や腫れは目で確認できますし、細菌の増殖によって口臭がするようになります。
また、炎症の影響で歯磨き時などに出血しやすくなるため、自覚症状が全くないというわけではないのです。

さて、歯周病が進行すると歯を支える顎の骨が徐々に溶かされていきます。
最終的には歯が支えをなくすほど顎の骨が失われ、そうなると歯は抜け落ちてしまいます。
つまり「歯肉に炎症を起こさせて顎の骨を溶かしていく」、これが歯周病の症状です。

虫歯の症状と進行

虫歯の症状と言えば痛みを真っ先に連想しがちですが、実は完全な初期段階の虫歯には痛みはありません。
歯の表面が溶かされても、表面にあるエナメル質が痛みという刺激から護ってくれるのです。
しかし、虫歯菌は歯の表面だけでなく、その奥までどんどん進行していきます。
やがて歯に穴をあけて象牙質に到達します。そして、象牙質は刺激に対して非常に敏感です。

このため、虫歯菌が象牙質に達すると痛みを感じるようになり、多くの人がこの時点で虫歯だと自覚します。
さらに進行することで今度は神経に到達し、神経が虫歯菌に侵されることで痛みは激痛に変わります。
神経を破壊した後も虫歯菌は生き続け、最終的には血液に侵入して血管を通じて虫歯菌は全身に回ります。
ここが虫歯の怖いところであり、虫歯菌が脳や心臓に回ることで脳梗塞や心筋梗塞の要因になるのです。

予防方法

顎の骨を溶かして歯を失わせる歯周病、激痛をもたらして最終的に全身に細菌が回る虫歯、
どちらも怖い病気であることが分かりますし、当然予防しなければなりません。
症状も発病する箇所も異なる歯周病と虫歯ですが、実は予防方法においては全く同じです。

まず基本となるのが歯磨きで、毎日のブラッシングで確実にプラークを除去していきます。
それに加えて、歯科医院で定期検診を受けることも大切です。
つまり、歯磨きと定期検診の2つを心掛けることが歯周病と虫歯の徹底予防に繋がります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の違いについてまとめます。

  1. 歯周病は歯肉の病気 :プラークや歯石に潜む歯周病菌に感染することで起こる
  2. 虫歯は歯の病気 :プラークや歯石に潜む虫歯菌に感染することで起こる
  3. 歯周病の症状と進行 :歯肉が腫れて変色し、顎の骨が徐々に溶けて歯が抜け落ちてしまう
  4. 虫歯の症状と進行 :歯を溶かして穴をあけ、奥に進行するほど痛みが激しくなる
  5. 予防方法 :予防方法は同じ。毎日の歯磨きと歯科医院で定期検診を受けるのが効果的

これら5つのことから、歯周病と虫歯の違いについて分かります。
どちらも最終的には怖い症状をもたらしますが、初期段階では深刻な症状は起こりません。
これら治療においても同じことが言え、初期段階なら容易に治療することができるのです。

その点を考えると、歯科医院の定期検診がいかに重要か分かります。
予防の効果も高い上に定期検診では口腔内のチェックも行うため、
歯周病や虫歯になっていても自覚症状のない初期段階で容易に発見でき、容易に治すことができるからです。

PAGE TOP