お問い合わせはこちらまで

初診予約専用

050-7302-5687

再診・その他

03-5315-1171

メール予約

24時間WEB予約

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

採用情報
スタッフブログ
永研会
WEB診療予約

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?

現在、日本人の成人の約7割が歯周病を患っていると言われており、
それだけでなく歯を失う要因としても歯周病が第1位に挙げられています。
それくらい歯周病は深刻な病気であり、私達はもっと歯周病に目を向けなければなりません。
そこで、ここでは歯周病をテーマにしたお話をしていきます。
痛みの有無や具体的な症状、治療方法、意外な事実まで、歯周病の全てをここで説明します。

痛みについて

歯周病になっても痛みはありません。進行度によっては冷たいものや熱いものがしみることがありますが、
それでも虫歯になった時のようなつらい痛みを感じることはないでしょう。
歯周病と虫歯はよく比較されますが、「虫歯は痛いけど歯周病は痛くないから平気」なんて意見も聞きます。

しかし、痛みがないことはむしろ歯周病が持つ怖い特徴の一つです。
痛みという自覚症状がないことで歯周病であることに気付かない、気付いても痛くないから放置する、
そして気付いた時には歯周病が重症化しているというケースが多いのです。

自覚症状について

痛みはないものの、自覚症状が全くないわけではありません。
例えば、初期段階の歯周病は歯肉の炎症のせいで食事や歯磨きの時に歯肉から出血しやすくなりますし、
歯肉から出た膿みや細菌が増殖していることで口臭が気になるようになります。

また、中期段階になると歯が動くやグラつくといった自覚症状が起こるため、
食事の際の違和感などからこの時点で自身が歯周病であることに気付くでしょう。
さらに歯肉が退縮して下がってくるため歯が長くなったように見えるなど、こうした自覚症状があるのです。

症状について

歯周病の症状を簡単にまとめると「歯肉が炎症を起こして顎の骨を溶かす」です。
このうち、深刻なのは顎の骨を溶かすという症状です。顎の骨は歯を支える役割を果たしているため、
顎の骨が溶かされることで歯は支えを失ってしまいます。

歯周病が進行するほど骨が溶かされる量は多くなり、やがて歯が抜け落ちてしまうのです。
歯の失う要因の1位が歯周病だと冒頭で触れましたが、
これは歯周病になると顎の骨が溶かされ、支えを失った歯が抜け落ちることによるものです。

治療方法について

初期段階であれば治療は簡単で、プラークや歯石の除去、患者さんによるプラークコントロールで治ります。
また、患者さんがプラークコントロールしやすいように正しい歯磨き方法の指導も行います。
口腔内を細菌のない清潔な状態にする、これが歯周病治療の基本です。

しかし、中期段階以降に進行するとそれだけで完治させるのは不可能です。
症状次第では歯肉を切開しなければならないため、その場合は歯周外科手術を行います。
また、重症化した場合は治療しても歯を残せないことがあり、抜歯せざるを得なくなることもあります。

意外な3つの事実

歯周病にはあまり知られていない事実があり、ここではその中から意外な事実を3つ紹介しておきます。
1つ目は、歯周病は生活習慣病とも言われていることです。つまり日常生活も歯周病に影響するわけで、
喫煙や疲労、ストレスなどが原因で歯周病を引き起こすこともあるのです。
2つ目は、歯周病は正確には細菌による感染症だということです。

つまり風邪と同じで人にうつることがあり、歯周病の場合は唾液を介して人に歯周病菌がうつります。
親子間での食器の共用や恋人同士によるキス、唾液が交わる行為としてはこれらが挙がります。
3つ目は、妊娠中の女性についてです。歯周病は早産のリスクを7倍近くも高めるという事実があるのです。
さらに言えば低体重児を出産するリスクも高まるため、妊娠中の女性は特に歯周病に注意する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の痛みの有無と症状についてまとめます。

  1. 痛みについて :歯周病に痛みはないが、そのせいで自身が歯周病だと気付きにくい問題点をある
  2. 自覚症状について :初期段階では歯肉の腫れによる出血や口臭、中期段階以降では歯がグラつく
  3. 症状について :歯肉に炎症を起こして顎の骨を溶かす。最終的に歯が抜け落ちる
  4. 治療方法について :基本はプラークや歯石の除去だが、中期段階以降では歯肉を切開することもある
  5. 意外な3つの事実 :歯周病は生活習慣病、歯周病は人にうつる、歯周病は早産のリスクを高める

これら5つのことから、歯周病の痛みの有無と症状について分かります。
歯周病で歯を失う結果に至るのは、歯を支えている顎の骨を溶かすという症状を持っているからです。
痛みがないことで軽い病気に思われがちな歯周病ですが、実は歯を失う最大の要因でもあるのです。

このため、歯周病は徹底予防が必要になります。ちなみに予防方法として一つアドバイスをすると、
自身の歯磨きだけではどうしてもプラークの除去に限界がありますし、歯石となると除去不可能です。
このため、毎日の歯磨きだけでなく歯科医院で定期検診を受けるのが確実な予防策になります。

PAGE TOP