お問い合わせはこちらまで

初診予約専用

050-7302-5687

再診・その他

03-5315-1171

メール予約

24時間WEB予約

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい|調布市仙川の歯科、訪問診療は永研会クリニック歯科へ

文字の大きさ

お問合せ:03-5315-1171
採用情報
スタッフブログ
永研会
WEB診療予約

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

調布市仙川の歯医者さん、永研会クリニック歯科です。今回のテーマは「セラミックのメリット」です。
詰め物や被せ物として以前は銀歯が一般的でしたが、最近はセラミックを選択する人が増えています。
とは言え、セラミックの高額な費用は治療を決断する上で抵抗を感じる人が多いのも事実です。

しかし、セラミックには銀歯にはないメリットを数多く持っているのもまた事実です。
そこで今回は、銀歯かセラミックかで迷っている人のためにセラミックのメリットを紹介していきます。
見た目の美しさだけが目立ちがちなセラミックですが、実際には多くのメリットがあるのです。

1. 見た目が美しい

誰もが知っているセラミックのメリットですが、これが最大のメリットでもあります。
セラミックは単に白いだけでなく、天然の歯に近い光沢のある白さを持っています。
このため、他の人から見てもそれが詰め物や被せ物だと気づかないほど自然にうつるのです。

ただし、全てのセラミックが同じ白さというわけではありません。
セラミックにはオールセラミックやハイブリッドセラミックなどの種類があり、それぞれ美しさに違いがあります。
最も美しいのはオールセラミックですがその分高額になるため、予算を考えた上で種類を選択してください。

2. 二次虫歯になりにくい

一度治療した歯が再度虫歯になることを二次虫歯、もしくは二次カリエスと呼びます。
これは決して稀なことではなく、歯科医院で行う虫歯治療の大半が二次虫歯によるものです。
そして、セラミックにすることでそんな二次虫歯を予防することができるのです。

その理由は2つあり、1つは歯との接着の相性がよく隙間が生じにくいことです。
もう1つは、セラミックはプラークが付着しにくいという特徴があることです。
逆に銀歯は接着の悪さから隙間が生じやすく、二次虫歯で悩まされるケースが非常に多いのです。

3. 金属アレルギーの人でも使用できる

セラミックはその名のとおり陶器を素材にしているため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただし、この点に関してはセラミックの種類にもこだわる必要があります。
と言うのも、中には金属を一部使用したセラミックもあるからです。

例えば、メタルボンドは見えない内側が金属になっていますし、
ハイブリッドセラミックは歯科医院によって金属とセラミックの混合である場合があります。
金属アレルギーの心配がないのは、オールセラミックや身体に親和性のあるジルコニアセラミックになります。

4. 長持ちする

セラミックは銀歯に比べると、詰め物や被せ物としての寿命が長い特徴も持っています。
もちろん永遠に使用できるわけではないですが、銀歯に比べて遥かに長持ちするのです。
また、単に長持ちするだけでなく変色も起こしにくいため、劣化が目立たないというのも利点です。

口の中というのは酸性やアルカリ性、さらには温度など様々な環境の変化が起こります。
セラミックは素材としても質が高く安定しているため、こうした環境の変化にも強いのです。
ちなみにセラミックの寿命は平均10年ほどで、管理次第では20年使用できるとも言われています。
一方銀歯の寿命は平均7年ほどで、この期間上記で挙げたような二次虫歯などの問題も起こります。

5. 歯肉の美しさも維持できる

セラミックは歯を美しく見せるだけでなく、歯肉の美しさを維持することもできます。
詰め物や被せ物と歯肉は一見無関係に思えますが、銀歯の場合はそうでもないのです。
と言うのも、銀歯は使用することで金属が徐々に溶けていき、それが歯肉の変色を招くからです。

銀歯を使用していると、一般的には5年ほどで金属が溶け出して歯肉が黒く変色します。
一方、金属を使用しないセラミックならこうした事態は起こらないのです。
歯肉を美しくするわけではないですが、このような理由での変色を防ぐことができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットについてまとめます。

  1. 見た目が美しい :ただ白いだけでなく、天然の歯に近い光沢のある自然な白さを誇る
  2. 二次虫歯になりにくい :接着の相性のよさやプラークが付着しにくい点から、二次虫歯になりにくい
  3. 金属アレルギーの人でも使用できる :オールセラミックなら金属を一切使用していない
  4. 長持ちする :詰め物や被せ物としての寿命が銀歯より長く、変色などの劣化も起こりにくい
  5. 歯肉の美しさも維持できる :銀歯は金属が溶けて歯肉が黒く変色するが、セラミックはそれが起こらない

これら5つのことから、セラミックのメリットが分かります。
セラミックのメリットとして真っ先に挙がるのは「見た目が美しさ」ですが、
実は詰め物や被せ物の質としても銀歯に勝る部分がいくつもあるのです。

二次虫歯を防ぐ点で衛生面にも長けていますし、
金属アレルギーや金属が溶けることもないため、安全面においても優れているのです。
費用が高額なのが欠点ですが、これらの点を考えるとそれに見合った価値があるのも確かです。

PAGE TOP