根の治療をした後どうするの?|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

根の治療をした後どうするの?

投稿日:2021年3月14日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

今回は「根の治療を行った後の治療」についてお伝えしようと思います。

通常、根の治療を行った後は、根の中に土台をたてて、土台の上にかぶせ物をします。

ご自身の歯がたくさん残っている場合には問題ないのですが、

歯があまり残っていない場合には注意が必要です。

虫歯が大きく、歯茎の下の方まで及ぶ場合には、土台も歯茎の下に入ることになります。

ただ、歯茎の下というのは乾燥が困難で、土台をセメントで付けることができません。

無理に土台をたて、かぶせ物をしても、土台が歯とくっついていなければ、

そこから再び細菌が入ってきてしまいます。

また、ご自身の歯があまり残っておらず、根っ子だけ歯茎の中に隠れているような場合、

土台をたて、かぶせ物をした後、土台ごとかぶせ物が取れてしまうリスクが高くなります。

少しイメージしづらい部分もあったかと思いますが、

もっと詳しく知りたい方は是非ご相談にいらしてください。

お待ちしております。​

トップへ戻る