「生物学的幅径」ってなに?|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

「生物学的幅径」ってなに?

投稿日:2021年8月23日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

今回は「生物学的幅径(せいぶつがくてきふくけい)」

という言葉についてお伝えしようと思います。

「生物学的幅径」という言葉は歯科の専門的な言葉になりますので、

おそらく多くの方は一度も聞いたことがないかと思います。

しかし、歯科治療を行う上で、とても重要なものになります。

それでは「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありますか?

歯の周りには骨や歯肉があります。

歯の根は骨の中に埋まっており、その上に歯茎がのっているような状態です。

歯の生え際部分の歯と歯茎の隙間のことを「歯周ポケット」と呼びます。

ただ「歯周ポケット」という言葉は歯周病になっている場合に用いられる言葉なので、

健康的な状態では「歯肉溝」と呼ばれます。

その歯茎の溝のところに細菌の塊であるプラークが溜まってしまうと、

歯茎が腫れてしまったり、歯の周りの骨が溶けてしまったりします。

もちろん身体にも細菌に対する防御機構があります。

歯と歯茎の隙間に、簡単に細菌が入り込んでしまわないように、

歯と歯茎はしっかりとくっついているのです。

敵の侵入を防ぐお城の門のようなものです。

しっかりとした幅をもって歯と歯茎はくっついているため、

生物学的幅径と呼ばれています。

ただ炎症があるときには、そのくっつきが弱くなります。

門が少し開いているような状態です。

そのままの状態では歯周病が進行しやすくなってしまいます。

しっかりと検査をしましょう。

文章では分かりづらい部分もあるかと思いますので、

気になる方は是非相談にいらしてください。

お待ちしております。​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る