大きな虫歯になってしまった・・・|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

大きな虫歯になってしまった・・・

投稿日:2021年3月11日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

前回は「歯を失ってしまう原因」についてお伝えしました。

今回は「大きな虫歯、特に、一度根の治療をした歯が再び虫歯になってしまった場合」

について、もう少し詳しく説明します。

残った根の状態にもよりますが、多くの場合、もう一度、根の治療を行うことになります。

それでは、根の治療もできないような場合というのは、どのような状態なのでしょうか。

一つ目は、根の治療の目的を達成できない場合です。

根の治療の目的とは、根の中の汚染物質を除去することです。

根の治療中は、根の中にお薬を入れ、仮蓋をすることになります。

しかし、その蓋ができないほど歯が残っていない場合には治療が困難になります。

二つ目は、残っている歯が非常に薄い場合です。

根の治療後には土台をたて、かぶせ物をし、機能させなければなりません。

その咬む力に耐えられないようでは、保存は困難となります。

厳しい状態の説明をしましたが、ご自身の歯の状態により、

もしかしたらその歯を残せる可能性があるかもしれません。

もしも、そのような状態でお困りの方は、是非相談にいらしてください。

お待ちしております。​

トップへ戻る