歯を失ってしまう原因|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

歯を失ってしまう原因

投稿日:2021年3月7日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

突然ですが、みなさんは歯を失ってしまう原因についてご存じでしょうか。

第一位:歯周病

第二位:虫歯

第三位:破折

という順番になっています。

第一位の歯周病は、歯を支えている骨が細菌感染による炎症で溶けてしまう病気です。

それによって、支えを失った歯はぐらぐらして抜けてしまいます。

第二位の虫歯は、細菌により歯が溶かされてしまう病気です。

小さな虫歯であれば、虫歯を除去して、その部分を塞ぐ処置をしますので、

歯を失ってしまうことにはなりません。

大きな虫歯、特に、一度根の治療をした歯が再び虫歯になってしまった場合、

虫歯を除去すると、歯の根しか残らないことが多いです。

このような状態になると歯の保存が難しくなります。

残った歯の状態にもよりますが、もしかしたらその歯を残せる可能性があるかもしれません。

もしも、そのような状態でお困りの方は是非相談にいらしてください。

スタッフ一同、お待ちしております。​

トップへ戻る