なんで歯はしみるの?|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

なんで歯はしみるの?

投稿日:2021年3月18日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

みなさんが歯科医院を受診しようと思う理由の一つに

「冷たいものや温かいもので歯がしみる」というものがあると思います。

今回は「歯がしみる原因」についてお話します。

歯がしみる原因にはいくつかあります。

まず、一つ目は「虫歯」です。

歯の頭の部分の構造は層状になっています。

一番外側がエナメル質、その下が象牙質、さらにその下に歯髄(歯の神経)があります。

エナメル質は体の中で最も硬いと言われていますが、虫歯菌による酸で溶かされてしまいます。

そうすると歯に穴があき、冷たいものがしみるようになります。

虫歯菌がさらにその下の象牙質、歯髄に到達すればズキズキするような痛みを生じます。

ただ、虫歯があるからといって必ずしも痛みを生じるわけではありません。

二つ目は「知覚過敏」です。

歯の表面が削れ、その下の象牙質が出てくると、冷たいものがしみることが多いです。

歯が削れる原因としては、歯磨きの時の力や、歯ぎしりが影響するとも言われています。

また、歯茎が下がってしまうと、本来は歯茎や骨に隠れていた弱い部分が出てきてしまうので、

より注意が必要です。

その他にも、「歯周病」や「噛み合わせ」なども歯がしみる原因になることがあります。

お口の中で気になることがありましたら、是非検診にいらしてください。

お待ちしております。​

トップへ戻る