TCHという言葉を聞いたことはありますか?②|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

TCHという言葉を聞いたことはありますか?②

投稿日:2021年3月4日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

前回は「TCH(上下歯列接触癖)」についてお伝えしました。

今回はその続きです。

それでは、なぜこの癖はいけないのでしょうか。

まず、顎の筋肉について説明します。

顎のエラの部分に手をあて、強く噛んでみてください。

そうすると筋肉が膨らむと思います。これが、噛むための筋肉(咬筋)です。

その他、こめかみの部分にある筋肉は側頭筋と言います。

これらの筋肉は強く噛んだときにも働きますが、歯と歯が触れているだけでも緊張状態になります。

常に筋肉が張っている状態です。

日常生活において、例えば、パソコンの前で仕事をしている時や勉強・読書をしている時、

スマートフォンを触っている時など

集中している時に上下の歯が接触していることが多いと思います。

この癖によって結果的にどのような問題が生じるのでしょうか。

顎や筋肉に負担がかかることで、顎関節症や肩こり、頭痛などが生じると言われています。

お口の中で気になることなどございましたら、是非検診にいらしてください。

お待ちしております。​​

トップへ戻る