歯周病と全身の健康との関係|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

歯周病と全身の健康との関係

投稿日:2020年11月1日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

今回は、「歯周病(口の健康)と全身の健康との関係」についてお伝えしようと思います。

「全身の健康」というと難しく聞こえるかもしれませんが、

例えば、歯周病の方は、

脳梗塞や心筋梗塞、狭心症

誤嚥性肺炎

糖尿病

などのリスクが高くなると言われています。

歯周病の状態というのは歯茎に炎症がある状態ですので、

歯磨きなどの刺激により簡単に出血してしまいます。

そこから歯周病菌が血管の中に侵入すると、血液を介して細菌が全身を巡ることになります。

そして血中の細菌が血管を傷つけると、そこに血小板という血液を固める細胞が集まってきます。

それによって血の塊ができ、それが脳に達すれば脳梗塞、

心臓に達すれば心筋梗塞となってしまいます。

また、歯周病は早期低体重児出産にも影響があると言われています。

お口は食べ物の入口ですので、

口にするもの全てが汚染されてしまうと考えると

せっかく美味しいものも不味くなってしまいそうですよね。

お口の中は清潔にしておきたいですね。

もしも気になることがございましたら、是非相談にいらしてください。​

トップへ戻る