顎の関節|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

顎の関節

投稿日:2021年8月2日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

今回は「顎関節」についてお伝えしようと思います。

まず、こめかみのところに人差し指をあて、

お口を開けたり、閉じたりしてみてください。

何かが動くのを感じるかと思います。

ここに顎の関節があります。

顎の関節は、上顎の骨と下顎の骨からなり、

その間には関節円板というクッションがあります。

一般的に関節というのは、骨と骨のつなぎめの部分を指しています。

関節と聞くと、肘や膝を最初にイメージする方が多いかと思います。

肘や膝の関節と、顎の関節の一番の違いはその動き方です。

肘や膝は、曲げたり伸ばしたりという動きをし、

左右で別々に動かすことができます。

しかし、口を開けたり閉じたりする際、

顎の関節は、回転運動や滑走運動を行います。

回転運動というのは、左右の顎関節を結んだ線を中心に

下顎が回転する動きです。

滑走運動というのは、下顎が手前に滑るような動きをすることです。

また、顎の関節は肘や膝と異なり、左右別々に動かすことはできず、

左右の関節が連動して動きます。

このように顎の関節は複雑な動きをします。

そのため、異常が起こりやすく、顎関節症になりやすいのです。

お口の中で気になることなどございましたら、

是非相談にいらしてください。

お待ちしております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る