できるだけ削らない治療|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

できるだけ削らない治療

当院はできるだけ歯を削らない治療に努めています

できるだけ歯を削らない治療

永研会クリニック歯科では、生涯に渡ってご自分の歯で生活していただくことを目指しています。歯を抜かないことはもちろんですが、歯の寿命を減らすこととなる切削処置においても、少しでも多く健康な歯を残すことを心がけています。こちらでは、当院が取り組むできるだけ削らない治療についてご紹介します。

う蝕検知液による虫歯の染め出し

う蝕検知液

治療の際には、虫歯感染歯質に着色するう蝕検知液という液体を歯面に塗ります。削るべき虫歯感染歯質を目ではっきりと確認することができるため、健康な歯質を削ることなく適切な処置が実現します。さらに初期虫歯の見落とし防止にもなり、早期治療によって歯の切削を最小限に抑えられます。

拡大視野での的確な処置

拡大視野

永研会クリニック歯科では、マイクロスコープや歯科拡大鏡を用いた精密な処置を行なっています。肉眼の数倍~最大20倍まで視野を拡大できるため、健康な歯質と虫歯感染歯質を見極め、正確な切削処置が可能となります。細部の状態もしっかり確認できるため、虫歯の見落とし防止にも力を発揮します。

エキスカを用いた繊細な切削

エキスカ

虫歯に感染した歯質は、通常の歯に比べて柔らかくなるため、ドリルで最後まで処置を行うと健康な歯質まで削ってしまう可能性があります。そのため、当院では最終的な処置や細部の処置にエキスカベーターという小さいスプーンのような器具を使用し、虫歯感染歯質のみを丁寧に取り除きます。

極細ドリルによる低侵襲治療

極細ドリル

歯を削る際に使用するドリルのサイズにも細心の注意を払い、歯の切削を行なっています。仕上げや細部の処置には、現在使用できる中で最も細いドリルを使用し、健康な歯質をできるだけ削らないよう努めています。繊細で丁寧な切削は処置に伴う痛みを抑えることもできるため、患者さんへの負担も軽減することができます。

ダイレクトボンディング修復

ダイレクトボンディング

歯を削った後の咬み合わせの修復には、ダイレクトボンディングを心がけています。ダイレクトボンディングは、歯を削った部分に歯科用樹脂(レジン)を流し込み、その場で直接形態を整える修復法です。歯の削る量を最小限に留めることができ、さらにその日のうちに治療を終えることができるため、おすすめの修復方法です。

定期検診の推奨・予防の習慣化

定期検診の推奨・予防

健康な歯を少しでも多く維持する一番の方法は、歯やお口を健康な状態で保つことです。虫歯や歯周病にならなければ歯を削ることもありません。当院では、患者さんに予防の重要性をお伝えするとともに、定期検診やクリーニングを呼びかけ、予防を習慣にしていただけるよう努めています。

予防・歯科検診ページへ

調布市仙川でできるだけ歯を削らない治療をご希望の方へ

歯を削らない治療

永研会クリニック歯科では、このように患者さんの大切な天然歯をできるだけ削らないよう、早期発見・早期治療を心がけ、切削を抑えるためのさまざま対策を行なっています。仙川でできるだけ歯を削らない治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る