むし歯治療後にセラミッククラウンで修復した症例|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

むし歯治療後にセラミッククラウンで修復した症例

むし歯治療後にセラミッククラウンで修復した症例

▼銀歯の下で再発したむし歯を治療後、セラミックで修復した症例をご紹介します。

初診時の口腔内

▼正面 

初診時の口腔内

▼左側方面・咬合面

初診時の口腔内

「左下の金属のかぶせ物が気になる」との主訴で来院された30代の男性の患者さんです。診査・診断の結果、左下5番目(第二小臼歯)の歯のかぶせ物が土台の歯と合っておらず、段差があり、かぶせ物の下にむし歯が確認できました。

患者さんと相談し、むし歯治療後にジルコニアセラミックのかぶせ物で修復する計画を立てました。

土台の歯の形成・かぶせ物の製作

むし歯治療が完了後、土台の歯の形を整え、かぶせ物を製作します。

▼土台の歯の形成

土台の歯の形成

かぶせ物の適合性・強度・審美性を考慮し、拡大視野下で土台歯を精密に形成します。その後、かぶせ物を製作するための型取りを行います。

▼完成したかぶせ物

完成したかぶせ物

採取した歯型を基に製作したジルコニアセラミックのかぶせ物です。精度が高く、審美的に仕上がっています。

ジルコニアセラミックを装着して治療完了

ジルコニアセラミックを装着完成したジルコニアセラミックを土台の歯に装着し、最終的な咬み合わせを調整して治療完了です。

処置後、メインテナンスが難しいと二次的なむし歯のリスクが高くなってしまいますので、歯磨きのしやすさ、管理のしやすさを考え、患者様と相談し、かぶせ物の辺縁は歯茎の中ではなく、歯茎の上に設定しました。

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療後

年齢/性別 30代/男性
治療期間 約1ヵ月
治療回数 4回
治療費 フルジルコニアクラウン 110,000円(税込)
リスクなど ・かぶせ物が外れてしまったり、かぶせ物の一部が欠けてしまう可能性があります。

虫歯治療ページ>>

つめ物・かぶせ物(審美治療)ページ>>

トップへ戻る