歯のホワイトニングについて|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

歯のホワイトニングについて

投稿日:2022年6月15日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、永研会クリニック歯科です。
今回は、歯のホワイトニングについてお話しします。


みなさんも「歯のホワイトニング」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。
今回はどのように歯が白くなるのかについてお伝えしようと思います。

歯のホワイトニングとは、毎日の歯みがきでは落としきれない『 黄ばみ 』などを
歯を削ることなく薬剤の力で漂白していく方法です。

歯が白くなるメカニズムは、
ホワイトニングジェルがエナメル質(歯の表面)内に浸透し
黄ばみ色素を無色透明に分解してくれます。

これにより歯の黄ばみが漂白され、輝く白い歯になるのです。
また、エナメル質表層の構造が変化し、すりガラスのように光を乱反射するため、
より白い歯に見えるようになります。
歯自体が溶けるわけではないのでご安心ください。

汚れが付いている歯にホワイトニングをしても意味がありません。
理由としては、表面の汚れが邪魔してホワイトニングの薬剤がよく浸透しないからです。
歯のホワイトニングをお考えの方は、クリーニングを受けましょう。


以下の症状・条件に当てはまる方は、当院でのホワイトニング治療を
受けていただくことが出来ない場合があります。

・未処置の虫歯がある
・重度の歯周病
・エナメル質にヒビがある
・重度の知覚過敏
・エナメル質や象牙質が十分に発達していない
・人工の歯(かぶせ物や詰め物はホワイトニングで白くならない為)
・妊婦・授乳中
・無カタラーゼ症(薬剤に含まれる物質を分解することができない為)

ホワイトニングが出来るかどうかは自己判断が難しいものです。
お気軽にご相談ください。​

 

 

トップへ戻る