お問い合わせはこちらまで

初診予約専用

050-7302-5687

再診・その他

03-5315-1171

メール予約

24時間WEB予約

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

虫歯になりやすいのですが、歯を磨く以外で予防法はないですか?|調布市仙川の歯科、訪問診療は永研会クリニック歯科へ

文字の大きさ

お問合せ:03-5315-1171
採用情報
スタッフブログ
永研会
WEB診療予約

虫歯になりやすいのですが、歯を磨く以外で予防法はないですか?

調布市仙川の歯医者さん、永研会クリニック歯科です。
今回のテーマは「歯を磨く以外の虫歯の予防方法」です。
虫歯の予防方法と聞いた時、誰もが真っ先に連想するのは歯磨きでしょう。
確かに毎日の歯磨きは虫歯予防の基本ですし、歯磨きしなければ虫歯を予防することはできません。

しかし、それだけでは不充分なのが正直な意見です。いくら歯磨きしてもすぐ虫歯になる人もいますし、
その点で考えれば歯磨きだけで虫歯を完全に予防することは難しいのです。
そこで、ここでは歯磨き以外の虫歯の予防方法について考えていきます。
若干の効果のものから大きな効果のものまで、虫歯予防に関係する全ての方法を紹介します。

1. 歯磨きの効果を高める

ただ磨くだけの歯磨きでは、虫歯予防の効果は発揮できません。
そこで、歯磨きの効果をさらに高めることができる方法を紹介します。
まず、歯磨き粉としてフッ素配合のタイプのものを使用することです。
フッ素は虫歯になりにくい環境を作りますし、歯自体も酸に溶かされにくい強い歯にしてくれます。

自身が使っている歯磨き粉にフッ素が含まれているか、一度成分を確認してみてください。
また、磨き残しを少しでも減らすため、デンタルフロスを使用するのもおすすめです。
デンタルフロスなら歯ブラシの届かない歯と歯の間の汚れも除去できるので、
ブラッシングだけの歯磨きに比べて口の中が格段に綺麗になります。

2. 被せ物や詰め物をセラミックにする

これは、何度も虫歯を繰り返している人のための予防方法です。
虫歯治療の際に被せ物や詰め物の処置をしますが、これらの素材としてセラミックを選択してください。
何度も虫歯になるというのは二次虫歯という意味なら、セラミックを使用することで改善できます。
実は銀歯やプラスチックなどは費用が安い反面、二次虫歯になりやすい欠点があるのです。

これは、歯との接着の相性の問題で隙間ができやすく、そこから細菌が侵入してしまうのが原因です。
一方セラミックの場合はしっかりと接着しますし、何よりセラミックにはプラークが付着しにくいのです。
このため、二次虫歯の繰り返しで悩んでいる人にはセラミックの使用をおすすめしていきます。
ただしセラミックは保険が適用されないため、予算も考える必要があります。

3. 定期検診を受ける

虫歯を完全に予防するなら、歯磨きとあわせて歯科医院で定期検診を受けるのがおすすめです。
定期検診では口の中のクリーニングを行うため、蓄積されたプラークや歯石まで除去できます。
また、正しい歯磨きの方法を指導してもらえるので、それによって毎日の歯磨きの精度も高められます。
こうした点で予防効果が高いですし、もし虫歯になった時でも大きな問題にならない利点があるのです。

と言うのは、定期検診では口の中の状態もチェックしてもらえるからです。
定期的に歯科医が口の中をチェックすれば虫歯になりかけの歯を発見することができますし、
初期段階で発見できれば簡単な治療で虫歯を治すことができるのです。
虫歯の徹底予防を目指すなら、歯科医院の定期検診は欠かせないでしょう。

4. 食事に注意する

子供の頃、誰もが「よく噛んで食べなさい」と教えられた経験があるでしょう。
それ以外にも、「おやつは決まった時間に食べなさい」と教わった人も多いと思います。
実はこれらのことは虫歯予防において重要な意味を持っているのです。
まず、よく噛むことで唾液の分泌を促すため、口の中の洗浄効果が高まります。

また、時間を決めずにダラダラ食べているのは虫歯になるリスクを高めてしまう事実があります。
これは、長時間ダラダラと食事することで口の中で酸が作られる機会が増えるからです。
一方、決まった時間に食事することを意識すれば、それだけ酸が作られる機会も限られてくるのです。
つまり、子供の頃に教わったこれら2つのことには虫歯予防の効果があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を磨く以外の虫歯の予防方法についてまとめます。

  1. 歯磨きの効果を高める :フッ素配合の歯磨き粉を使用、デンタルフロスを使用するなどの工夫をする
  2. 被せ物や詰め物をセラミックにする :セラミックはプラークが付着しにくいため、二次虫歯を予防できる
  3. 定期検診を受ける :プラークや歯石を完全に除去できる。虫歯予防を徹底するなら欠かせない
  4. 食事に注意する :よく噛む、決まった時間に食べる、これらを守ることは虫歯予防に繋がる

これら4つのことから、歯を磨く以外の虫歯の予防方法が分かります。
実は虫歯の予防方法というのはそれほど難しくありません。
しっかりと予防するかどうか、つまりやるかやらないかだけの問題なのです。

歯磨きは誰もがしていることですが、正直定期検診は面倒だという人が多いでしょう。
また、よく噛んだり決まった時間に食べたりと、食事する時にそんなことを考えないという人もいます。
しかし、そういったことを徹底できてこそ虫歯予防の効果が高まるのです。

PAGE TOP