お問い合わせはこちらまで

初診予約専用

050-7302-5687

再診・その他

03-5315-1171

メール予約

24時間WEB予約

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?|調布市仙川の歯科、訪問診療は永研会クリニック歯科へ

文字の大きさ

お問合せ:03-5315-1171
採用情報
スタッフブログ
永研会
WEB診療予約

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?

調布市仙川の歯医者さん、永研会クリニック歯科です。
今回のテーマは「妊娠すると歯が弱く理由と対処について」です。
妊娠すると歯が弱くなる、そう聞いたことのある女性は多いでしょう。

しかし妊娠と歯は一見無関係に思えますし、なぜ歯が弱くなるのが分からないという人もいます。
そこで、ここでは妊娠すると歯が弱く理由を分かりやすく説明し、
さらにはそのための対処も紹介していくので、妊娠中の女性は特に参考にしてください。

1. 免疫力が低下する

妊娠している時は身体の免疫力が低下します。免疫力と聞くと病気から身を守る力に思うでしょうが、
虫歯や歯周病も病気の一種であり、どちらも実際に細菌によって感染するのです。
つまり、免疫力の低下は虫歯や歯周病を招きやすくなるわけです。

また、妊娠中は唾液の分泌が減るという特徴もあります。唾液は口の中の洗浄効果があるため、
唾液の分泌が減ることは口の中が不潔になりやすいことを意味します。
この点からも、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいのです。

2. 女性ホルモンの分泌が過剰になる

女性ホルモンは歯周病菌を増加させる性質があります。
「男性よりも女性の方が歯周病になりやすい」と聞いたことがある人もいるかと思いますが、
これは女性ホルモンの特徴が理由になっているのです。

さて、妊娠するとそんな女性ホルモンの分泌が激しくなり、過剰なまでに分泌することがあります。
そうなると歯肉が炎症を起こしてしまい、歯磨き自体もしづらくなるのです。
このため結果的に歯の健康が損なわれやすく、虫歯や歯周病になりやすいのです。

3. つわりの影響

妊娠することで起こるつわりによっても、虫歯や歯周病が引き起こされやすくなります。
この理由は2つあり、1つはつわりが酷いことで歯磨きがしづらいことです。
人によっては歯ブラシを口に入れただけで吐き気がするので、この状態ではとても丁寧に磨けません。

つわり自体で口の中が不潔になる上に歯磨きもまともにできなくなるため、
細菌が増殖して虫歯や歯周病になりやすいのです。
また、つわりが起こることで口の中が頻繁に酸性になってしまうのがもう1つの理由です。
唾液の分泌力も低下しているため中和もされにくく、酸が歯を溶かしてしまうのです。

4. 歯磨きの仕方を工夫する

ここからは、妊娠中になりやすい虫歯や歯周病への対策をお話します。まず歯磨きの仕方を工夫することです。
本来の歯磨きの時間は無視して、できるだけ体調のいい時に歯磨きしてください。
おすすめなのは、身体がリラックス状態になる入浴時です。
また、妊娠中は人それぞれ何らかのものに対して異常なほどの吐き気を感じることがあります。

それが歯磨き粉であることもあり得るため、その時は別の歯磨き粉を使ってみてください。
さらに磨き方にもコツがあり、基本的に奥から前へと磨くことである程度吐き気を抑えられます。
それでも吐き気に悩まされる場合は歯磨き粉を使用せずに磨いてもいいですし、
歯磨き自体で吐いてしまうようなら、せめてうがいを欠かさないようにしてください。

5. 歯科医院でクリーニングする

妊娠中の歯のケアで効果的なのは、歯科医院で口の中をクリーニングしてもらうことです。
これは治療とは違うため、クリーニングしてはいけない時期というのは特にありません。
最も、つわりが酷い時期や臨月近くではつらいでしょう。
このため、クリーニングのタイミング自体は体調がいい時で構いません。

また、実際にクリーニングのために歯科医院に行く際には妊娠中であることを歯科医に伝えましょう。
長時間掛かると身体にも負担が掛かりますし、妊娠中と分かっていれば歯科医も配慮してくれます。
ちなみに、こうしたクリーニングは妊娠中でなくても受けることができるため、
日頃から虫歯や歯周病を予防するためにはぜひクリーニングを受けてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠すると歯が弱く理由と対処についてまとめます。

  1. 免疫力が低下する :妊娠中は免疫力が低下するため、虫歯や歯周病にもなりやすい
  2. 女性ホルモンの分泌が過剰になる :女性ホルモンの分泌が過剰になるため、歯周病になりやすい
  3. つわりの影響 :歯磨きすると吐き気がする上、吐くことで口の中が不潔になってしまう
  4. 歯磨きの仕方を工夫する :受け付けない匂いの歯磨き粉なら別のものに変える、奥から手前に磨く
  5. 歯科医院でクリーニングする :体調のいい時で構わないので、クリーニングのために歯科医院にいる

これら5つのことから、妊娠すると歯が弱く理由と対処について分かります。
正確な表現で言うなら、妊娠すると歯が弱くなってしまうわけではありません。
赤ちゃんにカルシウムを盗られるなんて説もありますが、それは間違いです。

正確には、妊娠することで虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまうのです。
このため、歯を丈夫にすることよりも口の中を清潔する方法を考えた方が解決に繋がります。
それが歯磨きの工夫、歯科医院でクリーニングをしたもらうことにあるのです。

PAGE TOP