歯を残すための治療|仙川の歯医者|永研会クリニック歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場 / 医科併設 / 訪問歯科診療
  • 天然歯の保存にこだわり
  • 併設医科永研会クリニックはこちら
  • 初診ネット予約・お問い合わせ
  • 03-5315-1171
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル3F

歯を残すための治療

投稿日:2021年8月30日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。

永研会クリニック歯科です。

前回、「生物学的幅径(せいぶつがくてきふくけい)」という言葉

についてお伝えしました。

そこで、歯と歯茎の隙間(歯肉溝、歯周ポケット)に、

簡単に細菌が入り込んでしまわないように、

歯と歯茎はしっかりとくっついている、というお話をしました。

しかし、むし歯や歯が割れてしまったことなどにより、

歯冠部(歯の頭の部分)を失ってしまうと

歯茎がくっつくはずの歯が無くなってしまいます。

そのような状態では歯を保存することが困難となり、

抜歯となってしまうこともあります。

ただ、残っている歯の状態次第では、

その歯を残せる可能性があるかもしれません。

そのためには、

歯を引っ張りあげる「エクストリュージョン」という処置や、

歯の周りの骨の形を修正する「クラウンレングスニング」という処置

が必要となります。

そのような状態でお困りの方、

また、お口の中で気になることがある方は是非相談にいらしてください。

お待ちしております。

トップへ戻る